治療後について

親知らずの抜歯自体は麻酔が効いていることもあり、痛みや苦痛を伴うことはほとんどありません。むしろ、抜歯後の方が気を付けなければいけないこと、注意したいことが色々とあります。 【血餅を故意に取らない】 抜歯した箇所には血餅と呼ばれるゼリー状の塊が出来ます。これは傷口を守るためのもので、放っておけば勝手になくなります。万が一、歯磨きや激しいうがいで取れてしまうと傷口が塞がらず、激しい痛みに襲われることもあるので注意が必要です。 【抜歯直後は安静にしておく】 激しい運動や長湯などは血行を良くして、出血しやすくなります。 少なくとも、抜歯当日は安静にしておきましょう。 【処方された薬は最後まで飲み切る】 痛みが少ない場合に限って、痛み止めは飲まなくても良いですが、抗生物質については、最近感染を防ぐためにも最後まで飲み切りましょう。

親知らずと言えば、抜歯のイメージがありますが、抜かなくても良い親知らずもあります。 親知らずがまっすぐ生えていて、噛み合わせなどにも影響していない場合、抜歯の必要はありません。親知らずは一番奥の歯で虫歯になりやすいです。歯磨きをきちんと行って良い状態を保っていきましょう。 完全に歯茎の中に埋まっていて、今後も出てくる気配がない場合。 この場合も特に処置する必要はありません。 親知らずが健康で、近くの歯に以上があった場合、ブリッジの土台として使えるため残しておくこともあります。また、親知らずの手前の歯が神経の無い場合などは、将来的にその歯の代わりとして親知らずを利用できるので、残しておくこともあります。