菌の繁殖で発生

近年では、自分の口臭に悩んで、歯科医院に相談される方が増えています。口臭の原因の大部分は、虫歯によるものです。そもそも口臭は、歯にこびりついてしまった歯垢が原因で繁殖した菌が異臭を発生させることで起こります。通常は、歯磨きを行うことで改善されます。しかし、虫歯があると、虫歯でできた穴に菌が繁殖してしまい、通常のケアでは除去できなくなります。よって、口臭を改善するには、歯科医院で虫歯の適切な治療を受けることが一番の解決方法といえます。 虫歯治療が面倒と放っておくと、どんどん症状が悪化してしまいます。そうなると、治療に時間とお金がかかってしまいます。なので、できる限り速やかに歯医者さんに行って、治療を開始することが大事です。

歯科医院での虫歯治療というと、痛くて怖いというイメージがあります。虫歯を削る時には削る音や痛みが伴うので、どうしても歯科医院から足が遠のく方もいらっしゃいます。 近年では、そういう方のために無痛治療が行われています。これは、簡単にいうと、虫歯治療時に全く痛みがなく治療ができるものです。その代表的なものが、笑気麻酔というものです。これは、鼻に笑気吸入用のマスクを装着して吸引する麻酔のことです。 酸素と笑気の混合ガスを鼻マスクから吸うことで、5分ほどで心地よく暖かい気分になり、不安感、恐怖心を取りのぞくことができます。患者は意識がある中でも、穏やかでリラックスした状態で治療を受ける事ができます。その他にも色々な無痛治療があり、歯医者嫌いの方には重宝されています。